×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイ旅行・観光サイト

イザベラ・バードのハワイ紀行: イザベラ バード Isabella L. Bird 近藤 純夫: 本

PR
ブラウズ

イザベラ・バードのハワイ紀行

イザベラ・バードのハワイ紀行

出版社 / 著者からの内容紹介

『日本奥地紀行』で知られる女性旅行家の「旅」の原点。火山や激流に挑む驚くべき冒険の数々、先住民との交流や原生自然の貴重な記録が、一八七三年のハワイ王国にタイムスリップさせてくれる。

内容(「BOOK」データベースより)

130年前のハワイ王国にタイムスリップ!キラウエアの火口、ワイピオの渓、マウナロア、ハレアカラ…イザベラの驚くべき冒険を通して、「常夏のエデンの島」の魅力とその実情を知る。

内容(「MARC」データベースより)

「日本奥地紀行」で知られる著者の旅の原点はハワイだった。キラウエアの火口、ワイピオの渓、マウナロア…。驚くべき冒険の数々が130年前のハワイ王国にタイムスリップさせてくれる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

バード,イザベラ
1831‐1904。イギリス、ヨークシャーのバラブリッジに生まれる。病弱な幼少期を経て、23歳のときに医師のすすめでアメリカとカナダを訪れる。2年後、初の旅行記『英国女性の見たアメリカ』を出版。40歳を過ぎてから本格的な旅行を始め、オーストラリア、ハワイ諸島、ロッキー山脈、日本、朝鮮、中国、マレー半島、チベット、ペルシャなどを訪ね、生涯の大半を旅に費やす。62歳で英国地理学会の特別会員となる

近藤 純夫
1952年、札幌生まれ。エッセイスト、翻訳家。趣味の洞窟調査でハワイ島へ通い、その後、ハワイ火山国立公園のアドバイザリー・スタッフとなる。現在は極地でのフィールドワークと、ハワイの自然に関する講座や講演、執筆などを並行して行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

目次

手紙1(オークランド、郵便蒸気船ネヴァダ号、南洋のハリケーン、南太平洋の無風帯、北回帰線)
手紙2(ホノルル初見、熱帯の植生、ヌウアヌ・パリ、女性の乗馬、ハワイアン・ホテル、太平洋の楽園、蚊)
手紙3(オアフの安息日、大儀式、突然の出発、他の島々への旅
マウイ島、論争、ハワイ島の風上、ポリネシアの楽園、ヒロの魅力)
手紙4(ヒロの美しさ、ヤシの木とバナナ、初めてのハワイ式乗馬、ヒロ探訪、タイタス・コーン師)
手紙5(火山へ旅立つ装備、騎士の出立ち、ウパ、火山への道、闇の中の光、キラウエア火口、ペレの館、クレーター・ハウス)
手紙6(困った王様、ロミロミ、火山の華々しい可能性)
手紙7(ヒロの住まい、ヒロの世間話、外国人の生活、国民食、ピリキアとアロハ、波乗り)
手紙8(風下のハワイ島、ガルチ、メキシコ式鞍、オノメア、サトウキビ農園、砂糖製造、一般の関心事)
手紙9(エフィ・オースティン、ハワイの家政、食物と服装、シダ採集、原生林)
手紙10(孤立、地元の学校、野生児、ボラボラの家族、夜更かし、歓待、夕べの祈り)〔ほか〕