×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ハワイ旅行・観光サイト

スピリチュアルに楽しむオアフ島―史跡・伝説とパワースポット: Hiroshi Makaula Nakae: 本

PR
ブラウズ

スピリチュアルに楽しむオアフ島―史跡・伝説とパワースポット

スピリチュアルに楽しむオアフ島―史跡・伝説とパワースポット

内容紹介

太平洋に浮かぶ楽園、ハワイイ諸島の玄関口であり、ワイキキのあるオアフ島は、長年に渡って人々を惹き付けるヴァケーションスポットとして名高い観光地です。そして近年のスピリチュアルとヒーリング・ブームの波にのってこの島へやって来る方々も多いのですが、一般的なガイドブックにはスピリチュアルな情報は全くの様に記載されてはいません。 さらに歴史的な情報や、伝説なども同じように記載されることは少なく、載っていてもとても短く書かれた触りのような情報が殆どで、読み手の満足度を深く満たしてくれるものではないのが現状です。 スピリチュアルな事柄に興味のある人たちにとっては、現地情報といのは皆無に等しく、ブログやホームページを通じて書かれている旅行者の感想や手記を探し出すのが関の山なのです。この本は、そんな方々のために、スピリチュアルな趣のある場所や、パワースポットと呼ばれる場所、そして歴史的に重みのある箇所などを、その歴史的な背景や、伝説などをふまえて相対的に紹介しています。 <特色> ●オールカラー印刷で、写真を豊富に掲載。ビジュアルブックとしても楽しめます。 ●各々の場所を紹介するセクションの前に、スピリチュアルな目的でオアフ島、もしくは他島を訪れる際に関する、考え方、全体的な概要を解説してあります。 ●各々のセクションの始めにはカラーマップと共に、その地域の情報を記載してあります。 ●歴史的な背景やその場所にまつわる伝説なども詳しく紹介。オアフ島の地域的な伝説、歴史的な背景も紹介されています。 ●パワースポットとしての効能、そしてヒーリ

著者について

Hiroshi Makaula Nakae (ヒロシ・マカーウラ・ナカエ) グラフィックデザイナー、チャネラー、メタ・イントゥイション・アーティスト米国シアトル、ハワイを含め海外で活躍する数少ないチャネラーの一人 福岡県北九州市出身 略歴:1991年、チャネラー、エドワード・メイブ氏と共にペルーへ。その旅の過程の中で様々な霊的な体験と数多くのUFO目撃を体験し、チャネリングの能力が開花。翌年にはエジプトへ。帰国後、リサ・ロイヤル嬢のチャネリング能力開発コースを受講して、チャネラーへのトレーニングが始まる。同年秋、リサと共にマヤ・アステカの遺跡を訪ねるユカタン半島の旅へ。1993年に北米シアトルへ移住。シアトルで本業のデザインの傍ら、コズミックシフトを発刊し、多くの公開チャネリング、個人チャネリング、ワークショップを行う。その後にペルーとボリビア、マヤの遺跡群の古代遺跡を再び巡り、アメリカ国内では、セドナ、ワシントン州、ハワイイ諸島などの遺跡やパワースポットを訪ねる旅を続ける。これらの旅を経て、オアフ島・ホノルルに渡り、グラフィックデザイン、パワーストーンを使ったジュエリーの製作などをする傍ら、ハワイ古代史・神話を研究。ハワイのパワースポット(オアフ島、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島)を巡り、執筆活動を行う。 自身の初めてのパワースポット巡りの旅を綴った異色のペルー旅行記『聖なる谷・遥かなるインカを超えて』と、ワイキーキーのビーチとクラブシーンを舞台にした初の長編恋愛小説『ブルー・ドルフィン』がある。現在は二作目の長編小説『イオラニ・天空の鷹』を執筆中。 著書『聖

目次

■ALOHA! 前書き ■ハワイアンの聖地 ■ハワイイのパワースポットで行うアイランドヒーリング ■アイランドヒーリングに関するメッセージ BY:ゼニース ■ヒーリング・エクササイズの基本的な方法 ■チャクラと瞑想 ■オアフ島の全体マップと基本情報 ■コナ地区(ホノルル) ・ワイキーキー ・ダイヤモンドヘッド&カハラ ・カパフル ・モーイリイリ ・マーノア・プナホウ&マキキ ・ダウンタウン ・ヌウアヌ・モアナルア(空港周辺) ・マウナルア(東南部:ハワイアカイ、マカプウ) ■コオラウポコ地区(ウィンドワード) ・ワイマーナロ ・カイルア ・カーネオヘ ・クアロア ■コオラウロア地区(ノースショア) ・カアアヴァ ・ラーイエ・プープーケア ■ワイアルア地区(ノースショア) ・ワイメア渓谷 ・ハイレヴァ ・ヘエナル:波乗りの歴史 ・ワイアルア ・モクレーイア ■ワヒアワー地区 ・ワヒアワー ・プランテーション労働者と移民の歴史 ■エヴァ地区 ・アイエア ・真珠湾 ■ワイアナエ地区(リーワード) ・ナーナークリ ・マーカハ ・カエナ ■本書に登場するハワイイ語のリスト ■参考図書 ■Pau Hana(後書き):ペレウラを巡る冒険